International Dunhuang Project
IDPデータベース IDPデータベースで検索
IDPをサポート
IDPについて : 関係者 | 基金 | 活動 | IDPニュース | 出版物 | 統計 | 連絡をとる

関係者

ページ作成: 2005年12月1日 最終更新: 2008年8月18日
IDPの支援者とその友人(1999年のシルクロードツアー、ベゼクリクにて)

組織

IDPは大英図書館や世界中のIDPセンターに事務局を持っています。全てのセンターが主催機関の一部として組織されています。

IDPは後援者と外部委員で構成される運営委員会を毎年開き、大英図書館は進捗と財務を審議する委員会を年に2回開いています。

運営委員会

Matthew Farrer GCVO (支援者)

Matthew Farrerは40年以上にわたり弁護士として活躍しました。彼は大英博物館、the 21st Century Trust、ランベス宮殿図書館の元評議員で、歴史的写本の王立委員会の元委員です。大英図書館の元評議員でもあり、1994年のIDP設立当初からの後援者です。中央アジアへの旅行経験もあります。

Abraham Lue MBE, CMG(委員長)

Abraham Sek-Tong Lueはロンドンのキングスカレッジのフェローであり、数学科で13年間教鞭を取りました。彼はロンドンの中国コミュニティーセンター(1980年設立)の設立者でもあり、中国-イギリス間のプロモーターの役割を演じ、イギリスのブリティッシュアカデミーやその他の組織に中国の研究者を招きました。彼はいくつかの中国の大学での名誉教授でもあり、広東省高等教育委員会の元顧問です。Lue博士はIDPの設立を支援し、1994年の設立当初からの委員長です。

Professor Dame Jessica Rawson DBE, DLitt, FBA (支援者)

Jessica Rawson教授は副管理人で、1976年から1994年の間、大英博物館の古代東洋部門の管理人でした。彼女は1990年からブリティッシュアカデミーのフェローであり、1994年からオックスフォードのマートンカレッジ長です。彼女の学術的仕事は中国美術から考古学まであらゆる面をカバーし、特に宗教の発達や漢代の信仰を研究テーマとしています。大英図書館の役員会の元メンバーでもある彼女は長年のIDP支援者です。

Graham Shaw (大英図書館, APAC ディレクター)

Tim Simon (支援者)

Tim Simon は約40年間、シティで個人事務所の弁護士を勤め、この間、慈善の仕事を数多く行いました。彼は2004年に大英図書館で開催されたシルクロード展示会に関わったことで中央アジアに興味を持ち、旅行もしました。彼は2003年からIDPの支援者になりました。

Susan Whitfield (大英図書館, IDPディレクター)

Frances Wood (大英図書館, 中国部長)

Lady Pamela Youde OBE (支援者)

Pamela YoudeSino-British Fellowship Trustの評議員、the Great Britain-China Centreの副会長、ケンブリッジのThe Needham Research Instituteの評議会の議長、香港のThe Sir Edward Youde Memorial Fundの評議員です。Sir Edwardが北京大使や香港の統治者であった時に、彼女は長年中国や香港で過ごしました。彼女はIDPの設立を支援し、1994年の設立当初からの支援者です。

スタッフ

IDPには常勤のスタッフだけでなく、短期スタッフやボランティアも在籍しています。IDPに関係する人はとても多く全員をリストすることはできませんが、研究スタッフのプロフィールについては、研究のページに掲載しています。

連絡先

IDPに連絡するにはここをクリックして下さい。.

ホーム | IDPについて | コレクション | 教育 | 保存修復 | 技術 | アーカイブ | サイトマップ | ヘルプ